ITIL

 ITIL®4 主要研修資格一覧

ITIL® v3研修資格については、ITIL®4で包含継承されておりますので以下には記載しておりません。 英語版のWEBをご参照ください。

研修資格試験名称 略称 レベル 資格内容 受験のための事前要件 日本語版リリース
ITIL® 4 ファンデーション FND ファンデーション デジタル時代に対応したサービスのマネジメント基盤知識。ビジネスとしてサービスを提供する企業の全従業員向け。「How(方法)」だけではなく、 「What(何を)」を探ることで本質的なサービスの価値をパートナーと共に、開発提供運用してゆく基本的研修プログラムです。 「モノ」から「コト」へとシフトするモダーンサービス・エコノミーの中で、オーガニックグロースにおいても、 ディスタラプティブなデジタル成長モデルの場合でも、日常業務を「何」のためにそしてどんな「価値」を提供するのか、そしてどのように変革するのか 組織全体のサービスマネジメント文化の熟成を体系的に支えます。 条件を満たすITIL 4合格者には、ITIL v3を大幅に拡張して、34からなるプラクティス(実践)ガイドを 活用できるように無償提供しています。 不要 リリース済
ITIL® 4 Managing Professional ITIL MP エキスパート ITIL4ファンデーションと以下4つの研修に認定、または、MPトランジション・モジュール研修を通じて認定された後に、 登録申請すると発行されるエキスパートレベルの資格 
  • ITIL®スペシャリスト「作成・提供・サポート (Create, Deliver, Support )」
CDS スペシャリスト 全ての企業は、「価値」とサービスを作り、提供して、サポートしています。 CDSでは、現代のデジタル社会に適応したサービスマネジメントをチームカルチャー、協働、アウトソーシング、 複数外部パートナーとの協働などをハイライトしてユニバーサルなガイダンスを通じて提供しています。 効果的で最適化されたサービスを「価値」の継続的発展のためにどのように作成して提供するかの「What」を突き詰めて行きます。 英語版の試験は、2019年11月にリリース済みです。 ITIL4FND認定資格と当該研修 2020年Q4以降
  • ITIL®スペシャリスト「利害関係者の価値を主導(Drive Stakeholder Value)」
DSV インタメディエイト DSVでは、サービスプロバイダ、その顧客、ユーザー、サプライヤ、パートナーなどあらゆる関係者との協働や連携を通じて、 デマンド(要求)を最大の「価値」へのかえてゆくことにフォーカスしています。 市場において求められる関係者の満足度を向上させる SLA設計、複数サプライヤとの協働、コミュニケーション、リレーションシップ管理、CXとUXデザイン、カスタマ・ジャーニー・マッピング、 他の主要なトピックをカバーしています。 デジタルサービスやデジタルトランスフォーメーションに関わる全てのITマネージャとプラクティショナ向け。 顧客、サプライヤー、パートナー、部門といったカスタマー・ジャーニーとエクスペリエンスに関わる全ての関係者間をマネージして調整するプラクティショナ向け。 英語版の試験は、2020年2月にリリース済みです。 ITIL4FND認定資格と当該研修 2020年Q4以降
  • ITIL®スペシャリスト「「ハイベロシティIT(High Velocity IT)」
HVIT インタメディエイト HVITは、機動性が求められる環境において、成功しているデジタル-ネィティブな企業と同じようにデジタル組織の運営とデジタル運用モジュールを運用を 目指します。このモジュールでは働き方としてアジャイルとリーン、そして、 最大の価値を引き出すために、クラウド、自動化、テストの自動化、技術的なプラクティスとテクノロジーについてカバーしています。 デジタルサービスやデジタルトランスフォーメーションに関わる全てのITマネージャとプラクティショナ向け。 英語版の試験は、2020年2月にリリース済みです。 ITIL4FND認定資格と当該研修 2020年Q4以降
  • ITIL®ストラテジスト「指示・計画・改善(Direct, Plan, Improve)」
DPI インタメディエイト DPIでは、力強いそして効果的な戦略的な”決定と指示”ができる”学習し改善”するIT組織を作る実践的なスキルを通じて提供します。 必要とされるアジリティのための戦略的な 事業の方向性と戦略の改善や継続的な改善チームの熟成を求められる全てレベルのマネージャ向け。 実践的でもあり、戦略的でも内容を提供しているために、マネージングプロフェッショナル・ストリームとストラテジックリーダー・ストリームの 両方のストリームでの必須科目となっています。英語版の試験は、2019年11月にリリース済みです。 ITIL4FND認定資格と当該研修 2020年Q4以降
ITIL® Strategic Leader ITIL SL エキスパート 上記のITIL 以下の『ITILストラテジスト「指示・計画・改善(Direct, Plan, Improve)」』と 以下の『ITILリーダー「デジタル&ITストラテジー(Digital and IT Strategy)」』の二つのモジュールに認定された後に、登録申請すると発行される資格。 CIO、CXO、DXマネージャ、新規ビジネス担当者、サービス企画関係者、サービスマネジメント管理者、コンサルタント向け。
  • ITILリーダー「デジタル&ITストラテジー(Digital and IT Strategy)」
DIT インタメディエイト DITは、ITストラテジーをデジタルストラテジーへ統合させること。そして、 テクノロジーから生じるディスタラプションがすべての業界ビジネスにどのように影響を与えているか、 ビジネスリーダーがどのように対応するかと議論を深めています。 ビジネスリーダーや先進的なリーダーに、新たな視野やITIL研修スイートで提供されるものを戦略的なレベルへとマッピングしなおします。 ITIL4リーダー・モジュールは、最低でも3年のITまたはサービス分野でのマネジメント経験が必要です。 ITIL4FND認定資格と当該研修 2020年Q4以降予定
ITIL®4 マネージングプロフェッショナル・トランジション研修 Transition Module エキスパート ITIL v3資格で17クレジット以上を保有しているエキスパート用のトランジション研修モジュール ITILエキスパート相当のクレジット*2と当該研修 2020年4月リリース済
ITIL®マスター マスター Master 2021年に公表予定 ITIL Managing Professional資格とITIL Strategic Leader資格 未公表

他主要研修資格一覧

一部抜粋となります。全ての資格は、 英語版のWEBをご参照ください。

研修資格試験名称 略称 レベル 資格内容 受験のための事前要件 試験言語
AgileSHIFT® AgileSHIFT AgileSHIFT ファンデーション アジャイル、DevOps, スクラムといった働き方の変更を実施または計画中の組織、またはアジャイル環境での業務を検討の個人向け。 アジャイル環境が効率的に成果をもたらすには、アジャイル環境で働く周辺の関連部門もその方法論と価値を理解することが必要です。 そんなアジャイル環境の基礎知識を提供します。 不要 日本語版あり
PRINCE2® PRINCE2 P2 .......     世界で200万人弱の研修資格保有者が存在する世界最大のプロジェクト・マネジメント研修。企業内外の横断的なプロジェクトに参加されるメンバーから、 プロジェクトマネージャーとして多様化しか組織と市場環境の中で変革をリードするプロジェクトマネジメント職のリーダー向け。「How」だけではなく、 「What」と「価値ある成果」を持ちびくためのシンプルな原則とそれを実際に応用する働き方。 .......    
  • PRINCE2® ファンデーション
P2 FND ファンデーション 組織横断的または対外プロジェクトに参加されるメンバー、 または「デリバリーする価値」への組織の執行力と変革を全社レベルで改善するためにPM風土を熟成したい企業向け。 シンプルな原則に基づくプロジェクト・マネージャーへの第一歩。 不要 日本語版あり
  • PRINCE2® プラクティショナ
P2 PRT アドバンス プロジェクトマネジメントでリーダーシップを取られる方、特に、既に、PMIのPMP資格取得者には、 PMBokとは異なった観点から新たなプロジェクトマネジメントの価値を相乗的に高めることが可能です。 PMP/CAPM資格保有者は受験が可能で、国内の大半のPRINCE2研修はPMPのPDUが付与されています。また、試験には公式書籍の持ち込みが可能です。 PRINCE2ファンデーション、Project Management Professional (PMP)、Certified Associate in Project Management (CAPM)の一つの認定書 日本語版あり
PRINCE2® Agile PRINCE2Agile P2Agile P2Agileは、PRINCE2の原則を継承、しかし市場で利用されている組織の機動力・アジリティを高めるAgile・SCRUM・DevOpsといった環境の中で PRINCE2の原則を利用してアジリティの高いプロジェクトマネジメントすることを学びます。組織での働き方改革をする際にも、 重要な要としてのプロジェクトマネジメントを再考する機会にもなります。
  • PRINCE2® Agile ファンデーション
P2Agile FND ファンデーション Agile環境において、業務を円滑に進めるための基盤情報をスタッフ全員で共有するために提供しています。 s必須の知識は確実に取得されるレベルであることを資格認証しています。 不要 研修日本語/試験英語
  • PRINCE2® Agile プラクティショナ
P2Agile PRT アドバンス アジャイルな環境でのプロジェクトマネジメントまたはPRINCE2や既存のプロジェクトマネジメント手法をアジャイルな環境へ適応させるための様々な手法と情報を 提供します。 P2Agile Foundation資格または同等の資格 研修日本語/試験英語
PeopleCert DevOps
PC DevOps
DevOps PeopleCert DevOpsは、DevOps試験を提供してきた経験をもとに、開発した研修プログラムです。DevOpsが求められる環境、そして様々な手法などの 紹介から始まるファンダメンタルズから、実際にDevOpsチームのリーダー向けリーダーシップ、そして実際のエンジニアレベルに求められるプラクティスを 集めたエンジニア(現在検証中)と3つの研修プログラムから構成されています。DevOps環境の職場へ移動する方、またはその環境づくりに関係する方から、 具体的に環境を熟成させてゆきたい企業向けでもあります。
  • PeopleCert DevOps ファンダメンタルズ
DevOps FND ファンデーション フルスタックのエンジニアを含め どのようにDevOps環境で働けば良いのか働き方のコラボレーション方法、原則、ツール、プラクティス情報を提供します。 DevOps環境での仕事をお考えの方は、最低限このレベルの情報は持っている事をお勧めします。 不要 試験英語
  • PeopleCert DevOps リーダーシップ
DevOps LD アドバンス DevOpsの原則と様々なツールを利用して、DevOps環境の中で価値のある組織の変革をリードする方向け。 特に、どのようにチームカルチャーを熟成するか、複数のチーム間でどのように馴染みのないワークフロープロセスを導入してゆくのか、 変革をリードするチームリーダー研修です。 PC DevOpsファンダメンタルズ資格または同等の資格 試験英語
マネージング・サクセスフル・プログラム : Managing Successful Programmes(MSP®
MSP
MSP プロジェクトマネジメントの上位概念であるプログラムマネジメント研修資格。企業規模を問わずに、 全ての業界業種でのより良いプラクティスを通じた洗練されたサービスを提供することが可能になります。 欧米では、自動車、製薬医療、家電、一般消費財、建築でのプロダクトマネジメントの必要要件と見做されています。
  • MSP ファンデーション
MSP FND ファンデーション MSPファンデーションは、MSPの手法と用語を学び体系的にプログラムマネジメントの基礎を習得します。 また、試験では、プログラムオフィス、ビジネス変革チームまたはプロジェクトデリバリーチームの一員として、MSPのフレームワークを理解して メンバーの一員として執行できるレベルを認定します。 不要 試験英語
  • MSP プラクティショナ
MSP PRT アドバンス MSPプラクティショナでは、自分の業務に適応させるだけではなく、プログラムマネジメントのチームの一員として円滑に業務を進めるために、 積極的な立場を取れるレベルを認定します。MSPファンデーション認定は必須ですが、プログラムマネジメント環境で働いている方には、研修は推奨しますが自習の上で受験が可能です。 MSP Foundation認定 試験英語
  • MSP アドバンスド・プラクティショナ
MSP PRT アドバンス MSPアドバンスド・プラクティショナでは、プログラムの大胆な変革をリードしてマネージすることができるレベルかどうかを認定します。 それは、MSPを利用している環境の中で複雑なプログラムとプログラムマネジメントの課題に対応できるかということでもあります。 MSPプラクティショナ認定は必須ですが、プログラムマネジメント環境で働いている方には、研修は推奨しますが自習の上で受験が可能です。 MSP Practitioner認定 試験英語

日本語化への希望

研修と試験の日本語化への希望または日本語化した場合の連絡が必要な人は右のフォームよりご登録ください。