受験について

当社の提供しているベストプラクティス研修資格試験は、研修を通じて知識を取得するだけではなく、スキルとして実際に活用すること、 そして組織の継続的な創造的変革と生産性向上を目指しています。 そのために資格試験ではありますが、上位資格の多くは研修が必須となっております。 一方、基礎的な認定資格に関しては、自習または日常業務の中の知識により適正度があり、 上位研修を受講する際に最終的に理解が可能であるということから試験のみ受験を可能としております。 専門職として日々業務を行っておりベストプラクティスを習得されているプロダクト・マネージャ、リスクマネージャ、 プロダクト・ポートフォリオ・マネージャの向けの知識体系であるMSP、M_o_R、MoP等は研修を必須としておりません。 この場合には、上位研修を受講していただき、体系的な知識と適応方法を再学習していただくことを推奨しています。

事前に研修の受講が必須でない試験例

ITIL 4 ファンデーション、PRINCE2、PRINCE2Agile、DevOps、MSP、MoR、LanguageCert等

研修の受講が必須の試験例

ITIL v3 インタメディエイト各試験、ITIL 4 マネージング・プロフェッショナル、PRINCE2 プラクティショナ、PRINCE2Agile プラクティショナ等

他資格により研修または要件が免除・軽減される試験例

PRINCE2 プラクティショナ、PRINCE2Agile プラクティショナ等

オープンブック試験の例

PRINCE2 プラクティショナ、PRINCE2Agile プラクティショナ、MSPプラクティショナ等

日本語が母国語の受験者の英語版試験での受験の場合

条件が認められると試験時間が25%延長と辞書の持ち込みが可能となります。



受験申し込みについて

受験申し込みは、以下の方法があります。

研修を受講されている場合

認定パートナーが皆様の試験を手配します。認定パートナーからの受験ガイダンスに従ってください。 当社のベストプラクティス研修は認定パートナーのみが研修を実施することができます。 認定パートナーへご連絡ください。

試験のみを受験する場合

公認試験機関(AEO)のウェブサイトから最適な受験会場を選択ください。 または、当社のウェブサイト より24時間オンライン・プロクタリング試験が受験できます。

ピアソンVUE社、プロメトリック社で受験される場合には、受験費用が割高になります。また、受験時の受験者登録以外に、 当社のウェブサイトでの受験者登録が必要になります。認定証を有効にするには、必ず、 当社のウェブサイト にて合格者情報を入力してください。

再試験等

受験の際に、事前要件が設定されている場合、 それらの要件を満たすことを証明する(研修確認書/認定証)コピーまたは写真を当社システムへアップロードする必要があります。



受験サービス

受験のサービスとして以下のものがあります。

オンライン・プロクタリング試験(自宅・勤務先からの受験)

試験会場へ出向くことができない場合には、オンライン・プロクタリング試験での全ての受験が可能です。 都合の良い時間と都合の良い場所からの受験が可能になりますが、カメラとマイクが稼働しているWindows端末とMacintosh端末とそのインタネット接続が必要となります。 また、受験をしている個室には受験中に第三者が立ち入ることができません。 詳しくは、オンライン・プロクタリング試験をご参照ください。

Take2 (テイク2) オプション

AXELOS社の試験に、オンライン・プロクタリングでの再受験が一度無料になるTake2オプションがリリースされました。 このオプションを第1回目の試験を受験する前に購入する事で、 1回目の試験で不合格になった時に2度目の受験がオンライン・プロクタリング試験として無料で提供されます。 Take2オプションを認定パートナーで購入、または当社パスポートのウェブサイトよりTake2と記載のあるオプションを 購入する事で可能です。 購入されているかどうかの確認は、当社パスポートの試験情報をご確認ください。 合格率が低い試験と緊張感を和らげるには有効な選択肢となります。 詳しくは、こちらの書類でご確認ください。



注意事項

  • 受験方法(CBT/WEB/OLP/紙試験)が異なっても、試験の難易度と合格レベルは等価されています。
  • 試験結果は、暫定結果が即時の通知される場合から、数日程度かかる場合があります。 但し、受験結果等の調査を行う場合には受験者へ連絡の上、2週間程度かかる場合もあります。
  • 試験設問を事前に知っていたなどの可能性がある場合、試験結果が無効になることもあります。
  • 試験代金は、受験会場により設定されており、異なることがあります。
  • 合格時の認定証は電子認定証が交付されます。印刷物としての認定証は別途購入が必要になります。
  • 母国語以外の言語(例、日本人の英語)での受験時には、試験時間延長と辞書の持ち込みが許されることがあります。試験会場にご確認ください。
  • 婚姻等により名字の変更があった場合には、戸籍事項の変更(姓名の変更)を示す戸籍全事項証明書(謄本)ともう一点、 当社指定の証明書(免許証などの顔写真がわかる書類/カード)の提出(アップロード)が必要となります。