DevOps認定資格制度

欧米での標準的な開発運用環境

ITIL4の多くの資格保有者が、フルスタックエンジニアをはじめとしたシステム設計・開発者となってきています。 10年前のような業務の仕切りは変化を遂げてきています。 組織が直面しているスキルギャップを埋め、高品質のプロダクトやサービスをより良く、より速く、より低コストで提供するためのコミュニケーション、 標準化、コラボレーション、自動化を改善・達成することで、ビジネスゴールの実現をサポートするためにDevOps資格のスイートを設計開発しました。

ベンダーニュートラルの基盤知識

PeopelCert DevOpsは、ベンダーニュートラル、網羅性をもった体系的な基盤知識となっていますので、 ITベンダーのDevOps研修を受ける前に受講することで与えらた環境のDevOpsではなく、個人または組織に本質的に定着を容易にすることができます。 ITベンダーの各種DevOpsを利用される方には、組織とチームのなかでどのように業務を回してゆくのか、 テクノロジーに使われるのではなくテクノロジーを取捨選択して使いこなすために、PeopleCert DevOpsを通じて基盤知識の取得をおすすめします。

DevOps

日本でも大企業を中心に、DevOps環境が整備されてきています。 クラウド技術を提供するITベンダーもこぞって利用し、また顧客へDevOps環境の提供と研修を実施しています。 DevOps (「開発」と「運用」の二つの用語をクリッピングされた造語)は、デベロップメント (Dev)とオペレーション(Ops)を組み合わせたプロセスへのシステム開発アプローチです。 DevOps の目標は、ソフトウェア リリースを頻繁に提供しながら、より迅速で優れたコスト効率の高い方法でビジネス目標に沿って、システム開発と運用のライフサイクルを短縮することです。 DevOps のアプローチは、 組織文化的な変化、プラクティスとプロセスの改善、自動化テクノロジの活用という 3 つの重要な成功要因に基づいています。

DevOpsアプローチの様々な成功事例が紹介されているように、DevOps志向のプロフェッショナルは、コーディング、構築、テスト、パッケージ化、解放、構成、監視などのシステムに関わることだけではなく、 DevOpsに精通した人々が組織の文化的転換を行い、DevOps環境で快適に効率的に働き、さまざまな技術とツールを活用することで、 業界全体で求められている人材となってきています。

フルスタックでのDevOps環境でどのように働くかという基本的なコンセプトと文化そしてプラクティスの確認


対象者
DevOps環境のプラクティスを理解されたい方
DevOpsを実践するメンバー

受験のための事前要件
なし

試験言語
日本語・英語・他7言語

DevOpsでのプラクティスと文化を継続的に発展させてより高い文化的成功とアウトプットを創出する原則とツールの確認ß


対象者
DevOps環境の組織文化をリードする方
DevOpsのプラクティスを検討実践するマネージャー

受験のための事前要件
PeopleCert DevOps Foundamentals Certificate または DevOps Foundation Certificate

試験言語
日本語・英語・他7言語