認定の更新について

グローバル・ベストプラクティス研修資格認定は、認定保有者の市場でのアップスキルとリスキルを継続的に行うLife-long learningという観点と 資格保有者の資格の価値と評価を継続的に向上させるために、2023年1月1日より上位研修の受講または試験の受験に必要となる3年の更新制度へ移行いたします。

従来、基礎レベルの認定からほぼすべての認定所有者が、3年以内に上位研修を受講または受験されておりますので格段と違う点はございませんが、 今まで以上に、計画的に研修または受験の手配をご検討いただくように、お願いいたします。

認定の更新状態

便宜上国内においては、以下の呼称を用いて認定状態を区分いたします。

  • アクティブ認定: 認定が更新されている状態: 上位モジュールの事前要件として認定が認められる
  • インアクティブ認定: 3年間更新されていない状態: 上位モジュールの事前要件として更新が必要

また、3年更新制度は、既に研修と試験の実施をしていないリタイヤした研修プログラム(Retired Certificate)、例、ITIL v3、は適用されません。


プロダクトファミリーと更新方法
    プロダクト モジュール サンプル 更新期間 更新対象単位 更新方法
    ITIL 4 ファミリー FND, CDS, DSV, HVIT, DPI, DITS, Cloud, Sustainability 同一プロダクトファミリー内モジュールの最終認定日より3年間 同一プロダクトファミリー内
    1. 当該認定モジュールの上位モジュールの認定をうける
    2. MyAXELOSポータルで、毎年20CPD(Career Professional Development)以上のアクティビティ クレジットを3年間毎年継続継続する
    3. 同一プロダクトファミリーの試験に再受験して認定をうける
    PPM ファミリー PRINCE2 FND, PRINCE2 PRT, MSP, MoP, MoR, P3O等 同一プロダクトファミリー内 同上
    AgileSHIFT AgileSHIFT 同一プロダクトファミリー内 同上
    RESILIA RESILIA 同一プロダクトファミリー内 同上
    PeopleCert Qualification DevOps, DevOps Engineer, DevSecOps, SRE, Scrum, Lean Six Sigma, 未定 未定 未定
    リタイヤしたプロダクト認定 (Retired Certificates) ITIL v1-v2-v3, PRINCE2 1st-2nd-3rd-4th-5th, MSP 1st-2nd-3rd, MoR 1st-2nd, etc. なし 不要

  • 2020年6月30日までに最後のプロダクトファミリーの認定された場合には、2023年6月末までの猶予期間が提供されます。
  • ITIL v2/V3の各種認定資格は研修制度が終了して上位資格がありませんので、更新する必要はありません。
  • ITIL 4 Managing Professional Transition(MPT)モジュールを受験されるv3資格認定者は、2023年6月末までに認定されることを推奨します。 MPTモジュールは日本語以外は終了しており、6ヶ月の事前通知を実施後終了いたします。

 


更新の参考例

# 認定モジュール 今後の認定予定 推奨方法
A ITIL 4 FND(他ITIL4モジュール)プロダクトファミリー最後の認定から2023年6月以前に3年を経過している) CDSへのアップスキルを予定 2023年6月末までに、CDS認定または更新が必要
B ITIL 4 FND CDSへのアップスキルを予定 最後のプロダクト認定から3年以内のCDS認定または更新が必要
C ITIL 4 FND(2019年9月取得)、ITIL 4 CDS (2022年10月取得) HVITを取得予定 2025年10月までにHVIT認定取得または更新が必要(最後のプロダクトファミリーでの認定から3年)
D ITIL 4 DVS(他ITIL4モジュール) 今後3年以降の受講予定なし 継続学習と更新は推奨、但し、受講をしないのであれば不必要
E ITIL 4 MP (MP Transition経由での資格) 時期未定であるがDITSへのアップスキルを予定 DITSを3年以内に認定してStrategic Leader認定を取得する、または他の方法で更新のみを実施
F ITIL v3 Intermediate ITIL 4 モジュール受講予定 v1,v2,v3の更新は不要。但し、MPトランジションを受講する方は2023年6月末までに認定を終了してください。英語版は終了しており、日本語版のMPトランジションも6ヶ月の告知をもって終了します。

  



更新方法について

更新方法には、以下の方法があります。

アップスキル更新ルート: 3年以内に、同一プロダクトファミリー内の研修認定を取得する

アップスキル、リスキルとして同一ファミリーの認定を取得すると所有しているすべての認定が更新されます。 当社のベストプラクティス研修は認定パートナーのみが研修を実施することができます。 認定パートナーへご連絡ください。

CPD更新ルート: MyAXELOSポータルで、毎年20CPD以上のアクティビティを3年間継続して記録する

詳細は後日公表されます。現在まで実施されていたCPD, Career Professional Development、制度と同等の方法で認定プロダクトファミリーに関係する実務、セミナー、記事、ブログなどの活動を 計画実施したことを3年間継続登録して承認を得ると更新が可能になります。MYAXELOSでの更新方法は、2023年3月までに案内いたします。

再受験ルート

既に、認定済みを含む同一ファミリーの試験に合格して、ナレッジを再証明することで更新が認定されます。

  



PCweb language

更新期限の確認方法

以下の方法で、更新期限の確認ができます。

認定証

2023年までの認定証では、認定日に3年を追加して更新期限を把握してください。2023年以降の認定証には、"Renewed by"と更新期限が明記されています。

  

PCweb language
当社ウェブ

当社で取得した認定証は、当社ウェブサイトより確認していただけます。

  1. www.peoplecert.orgへサインイン
  2. 画面右上『EN』を『JA』にして日本語にする
  3. PC web certificate
  4. 「認証とメンバーシップ」というタブから該当する認定モジュールでご確認ください

   

   

   

Successful Candidate Register - SCR

当社で取得した認定証は、AXELOS社SCRより確認していただけます。

  1. AXELOS社Successful Candidates Registerへ
  2. 英語の氏名または資格保有者番号で検索(検索には時間がかかります)
  3. 該当する記録の試験日をおおよその目安としてください。
  4.   

  



ご不明な点がございましたら、当社カスタマーサービスへご連絡ください。